文具・文房具・事務用品・事務機器の総合サイト オフマガNEXT

お問い合わせ

オフィスマガジンonline

ホーム > 文具ミニミニ歴史館

文具ミニミニ歴史館 〜業界商品の歴史を探る!〜

オフコン パソコン ファクシミリ 電子ファイル 複写機 ファクシミリ
ワープロ 電卓 社内印刷機 シュレッダー タイムレコーダー チェックライター
簡易製本機 OAサプライズ オフィス家具 学習机 カバン 製図・デザイン用品
電子文具 金封・のし ファンシー商品 アルバム 封筒・便せん 手帳・ダイアリー
ファイル・バインダー カッター パンチ ステープラー 粘着テープ 接着剤
のり 印章類・スタンプ 修正用品 そろばん ノート・学習帳 書道用品
鉛筆削り器 筆入れ 描画材 消しゴム 金属文具 鉛筆
マーキングペン ボールペン シャープペンシル 万年筆

ワープロ

 ワードプロセッサ(ワープロ)は、1960年代の後半に米国IBM社が販売を開始したのが最初。日本語ワープロは、漢字処理の難しさから開発が遅れ、第1号機が開発されたのは、それからほぼ10年後の昭和53年だった。

 第1号機は、東芝の「JW-10」で価格は630万円もした。当初は高価格、文字品位の悪さ、入力方式の混迷、用途の狭さなどの要因で、普及が懸念された一面もあったが、メーカーも次々と参入、価格も急激に下がり機能も飛躍的に向上した。

 その後、事務機器の中でも重要な市場となり、ビジネス分野だけでなく、家庭にまで普及した。平成6年の家庭への普及率では37%に達した。

ヤマトのり2

新聞購読申し込み