文具・文房具・事務用品・事務機器の総合サイト オフマガNEXT

お問い合わせ

オフィスマガジンonline

ホーム > 文具ミニミニ歴史館

文具ミニミニ歴史館 〜業界商品の歴史を探る!〜

オフコン パソコン ファクシミリ 電子ファイル 複写機 ファクシミリ
ワープロ 電卓 社内印刷機 シュレッダー タイムレコーダー チェックライター
簡易製本機 OAサプライズ オフィス家具 学習机 カバン 製図・デザイン用品
電子文具 金封・のし ファンシー商品 アルバム 封筒・便せん 手帳・ダイアリー
ファイル・バインダー カッター パンチ ステープラー 粘着テープ 接着剤
のり 印章類・スタンプ 修正用品 そろばん ノート・学習帳 書道用品
鉛筆削り器 筆入れ 描画材 消しゴム 金属文具 鉛筆
マーキングペン ボールペン シャープペンシル 万年筆

アルバム

 アルバムが、わが国に紹介されたのは明治時代のこと。当初は写真をアルバムに直接貼っていたが、大正初期にコーナーが考案され、写真の四隅をこれで押さえて貼るようになった。

 その形態は戦後も昭和20年代まで続く。30年代を迎えて「フリー台紙」が考案される。特許申請がされなかったので、各社が一斉にこれを利用した。写真を簡単に貼り付け、また保護できるという特長があった。しかし最大の欠点は、のりにあった。5年〜10年経過するとのりが変色した。またベースに天然ゴムを使っていたため、時が経つとベタ付き、写真が剥がれなくなった。

 以上は台紙の歴史だが、製本については、戦前から昭和30年代まで和風の大和綴じが主流であった。4つの穴をあけて、2つずつを結ぶ紐綴じ製本で、製本に特別な機械がいらないため、ずっと用いられた。ヨーロッパでは洋本綴じ、つまり糸かがり製本が聖書の製本などで用いられ、アルバムもその製本であったが、設備がいるため、わが国では用いられなかった。やがてフリー台紙が登場する前の頃に、ラセン状の金具を使ったリング式の製本が始まる。

シンエイ

新聞購読申し込み