文具・文房具・事務用品・事務機器の総合サイト オフマガNEXT

お問い合わせ

オフィスマガジンonline

ホーム > 新製品情報・特集 > コクヨ マグネットだから付け替え自由 「壁につけるマグネット」よりシェルフタイプを発売

コクヨ マグネットだから付け替え自由 「壁につけるマグネット」よりシェルフタイプを発売
2024年04月17日

コクヨ株式会社(本社:大阪市/社長:黒田 英邦)は、ホッチキスで固定するだけでマグネットが貼れる空間をつくりだし、初心者でも気軽に壁のディスプレイを楽しめる「壁につけるマグネット」シリーズより立体物を飾れるシェルフ(棚)タイプの「壁につけるマグネット(ペーパーシェルフ)」を4月24日(水)から発売します。

「壁につけるマグネット」は、石こうボードの壁にホッチキスでベースシートを固定し、その上にスチール板を貼り付けることでマグネットが使える空間を手軽につくり出し、飾りたいものに合わせて棚やマグネットを付け替えることで、平面や立体物を問わず壁に飾ることができるシリーズです。

ホッチキスで固定するため、外した際の壁の損傷が気になりづらい点や、手軽に壁の空きスペースを活用できる点でご好評をいただいています。既発売の第1弾購入後アンケートにて「立体物を壁に飾りたい」などの声をいただいたことから、今回、第2弾として約500gまでの立体物を壁に飾ることができる「壁につけるマグネット(ペーパーシェルフ)」を発売します。

本商品は、専用ホッチキスで取り付けた既発売のスチール製の補助板(バータイプ)に、裏面のマグネット部分を取り付けることで、平面の天板部分に幅広い形状の立体物を置くことができるシェルフ(棚)タイプの商品です。

土台部分の脚部とマグネットが支えとなることで約500gの重量物まで支えられるため、リビングの壁にお子様が作った立体作品を飾ったり、玄関周りの壁に鍵や印鑑などを一時保管する小物置きとして使用したりと、様々なスペースで壁を有効活用したディスプレイをお楽しみいただけます。

ホッチキスのみで固定が可能で、壁へのダメージを最小限に抑えるため、ネジなどで壁に棚を固定することに抵抗がある方でも気軽に壁面のスペースをご活用できます。棚は紙素材を採用。カラーラインアップは、ホワイト・ブルーグリーン・ブラウンの3色、天板をとりつける土台部分はそれぞれホワイトカラーでご用意しています。

発売予定:2024年4月24日(水)

メーカー希望小売り価格(消費税抜):1,600円

商品HP:https://kokuyo.jp/pr/wallmag/


1. 「壁につけるマグネット(ペーパーシェルフ)」の特長


(1)オリジナル設計の脚部とマグネットで小物などの立体物の展示が可能

 マグネットに加え、壁にピッタリと接するオリジナル設計の脚部により、安定的に約500gまでの質量の立体物を置くことができます。時計やメガネなどの日用品を置いたり、フォトフレームやフィギュアなどの展示スペースとして活用したりするなど、様々なシーンで空間づくりを楽しめます。


(2)ホッチキスで壁の損傷を抑えて棚を取り付けられる

ベースとなるシートをホッチキスの針で壁に固定するので、壁に大きな穴が開かず、取り外しても跡が目立ちにくくなっています。そのため、ネジ穴などの大きな穴を壁に開けたくない方でも気軽に取り付けが可能です。また、専用ホッチキスに付属のアタッチメントを装着することで、針が斜めに打ち込まれ、針が壁から抜けにくくなり、強度が確保されます。なお、付属のアタッチメントは取り外しが可能なので、紙を綴じる用途としても使用できます。

※専用ホッチキスと補助板(ベースシートとスチール板)は別売りです。


(3) マグネットでの固定だから棚の付け替えが簡単

棚はマグネット付きの仕様のため、簡単に付け替えることができます。棚を取り外したスチール板には、既発売のバータイプのマグネットや丸型マグネットを付けてポストカードなどを展示することもできるため、その時の気分や部屋の雰囲気にあわせて気軽にディスプレイを変更することができます。


2.素材とカラーラインアップ

素材には、暮らしの空間にもなじみやすい紙素材を採用し、ブルーグリーン、ブラウン、ホワイトの3色をラインアップ。載せたものが目立ちやすいシンプルな形状で、紙ならではの優しい風合いと他のインテリアにもなじみやすいカラーが特長です。