文具・文房具・事務用品・事務機器の総合サイト オフマガNEXT

お問い合わせ

オフィスマガジンonline

ホーム > オフマガ ニュース一覧 > 日本理化学工業 日本クリエイション大賞しあわせ職場賞受賞

日本理化学工業 日本クリエイション大賞しあわせ職場賞受賞
2024年04月03日

ダストレスチョークや 「キットパス」 などの製造販売を手掛ける日本理化学工業株式会社 (所在地 : 川崎市高津区久地 2-15-10、 代表取締役社長 : 大山狼廖 は、一般社団法人日本ファッション協会が選考する「日本クリエイション大賞2023」において「しあわせ職場賞」を受賞しました。

3月19日に東京・帝国ホテルにて各賞の授賞式が行われました。

本表彰では「知的障がい者たちが担う、地球にやさしいものづくり」を選考委員会で評価、選考いただきました。

「日本クリエイション大賞」は、一般財団法人日本ファッション協会が行っている、製品、技術、芸術・文化活動、地域振興、環境、福祉など、ジャンルを問わずクリエイティブな視点で生活文化の向上に貢献し、次代を切り拓いた人物や事象などを表彰対象とする顕彰事業です。今年度は、事務局推薦も含めた 109 件の推薦案件の中から 40 案件を懸賞制度委員会に提案。3 回の委員会での審議の結果、大賞1件と各賞として【交流と文化の町賞】【しあわせ職場賞】【宇宙浪漫賞】の 3 件を選考しました。


【しあわせ職場賞】
日本理化学工業株式会社

「知的障がい者たちが担う、環境にやさしいものづくり」窓ガラスや鏡などの平らな面に絵を描いても、濡れた布で拭き取れば消えるお絵かき道具「キットパス」。水に溶かせば水彩絵の具のように絵筆で楽しむこともできる。主原料は「米ぬか」からとれるライスワックスで、人にも環境にもやさしい。プラスチックを使わない紙製パッケージに入った世界で愛される人気商品だ。

キットパスを製造し、世界 30 ヶ国で販売している日本理化学工業株式会社は、歯磨き粉にも使われる炭酸カルシウムを原料にした「ダストレスチョーク」の製造にも国内で初めて成功し、国内シェア 70%を誇るトップメーカーである。

同社で 1960 年からものづくりを担っているのは、現在では社員のおよそ7割を占める知的障がい者たちだ。特に生産ラインは全員知的障がいのある社員で、1日7時間自分のできる能力を最大限に発揮してものづくりに励み、定年の 65 歳まで元気に働いている。日本理化学工業は、働く人がつくる“しあわせ”を感じ、使う人もしあわせにする会社なのである

この受賞を励みに、障がい者雇用を継続してきたこれまでの思いやさまざまな工夫、チョーク・キットパスという商品の魅力、障がいのある社員の職人の働きぶりを発信してまります。


■会社概要
【代表者】 代表取締役社長 大山隆久
【設立】  1937年2月13日
【事業内容】文具事務用品製造販売及びプラスチック部品成型加工
【従業員】 93人

 

左)岩田彰一郎選考委員長代行 大山狼彈卍
左)岩田彰一郎選考委員長代行 大山狼彈卍