文具・文房具・事務用品・事務機器の総合サイト オフマガNEXT

お問い合わせ

オフィスマガジンonline

ホーム > オフマガ ニュース一覧 > 秋田エプソンにインクジェットプリンター用ヘッド製造の新棟建設 生産能力を3倍程度まで増強可能に

秋田エプソンにインクジェットプリンター用ヘッド製造の新棟建設 生産能力を3倍程度まで増強可能に
2022年10月05日

セイコーエプソン株式会社(以下 エプソン)のグループ会社である秋田エプソン株式会社(以下 秋田エプソン)は、インクジェットプリンター用ヘッドの生産能力増強のため、総額約35億円の投資を行い、現在の秋田エプソン敷地内に新棟を建設します。

新棟は2022年11月から建設を開始し、2023年12月竣工の予定です。本投資により、将来的には秋田エプソンにおけるインクジェットプリンター用ヘッドの生産能力を現在の3倍程度にまで拡大できる見込みです。

エプソンのプリンティングソリューションズ事業では、エプソン独創のインクジェット技術である「マイクロピエゾ技術」を活用し、オフィス、ホーム、商業、産業の幅広い分野のお客様に製品・サービスをご提供しています。オフィス・ホーム向けインクジェットプリンター市場においては、COVID-19以降の分散印刷化ニーズの高まり、北米など先進国での大容量インクタンク搭載プリンターの強い需要もあり、今後も中長期的に全世界でインクジェットプリンターの需要増加が継続する見通しです。


このたび建設する新棟では、インクジェットプリンターの基幹部品となるインクジェットヘッドの製造・組立を行います。今後の需要伸長を前提に、最先端「PrecisionCore(プレシジョンコア)マイクロTFPプリントヘッド」*搭載インクジェットプリンター供給増を念頭におき、製品ラインアップ強化や外販ヘッドの拡販対応も視野に入れ、将来的な生産スペースの確保も踏まえた建屋投資計画となっています。

*PrecisionCoreマイクロTFPプリントヘッド
インクを吐出するノズルのひとつひとつを異なる制御で、数ピコリットル(1ピコリットル=1兆分の1リットル)という微細なインク滴を1 秒間に5 万発噴射できるインクジェットプリンターの画質と速度を決定する非常に重要な基幹部品。

また、新棟は既存工場棟に併設して建てられ、PrecisionCoreマイクロTFPプリントヘッド生産拠点の秋田エプソンへの集約による効率性も考慮した計画となっています。加えて、生産設備に関しては、人生産性やスペース生産性のさらなる向上も織り込んだかたちで工程整備を進めてまいります。

秋田エプソンは高い技術力を持つ生産拠点として、国内の研究開発拠点と密接に連携しています。また基幹部品の生産を通じて得られる先端の生産技術・ノウハウをエプソンの海外生産拠点へも展開することで、グループの総合的なものづくり力の向上に貢献しています。


■マイクロピエゾ技術ならびにPrecisionCore プリントヘッドの詳細は、エプソンの技術ウェブサイトをご参照ください。

・マイクロピエゾ技術
https://corporate.epson/ja/technology/search-by-products/printer-inkjet/micro-piezo.html
・マイクロピエゾ製造技術
https://corporate.epson/ja/technology/search-by-products/printer-inkjet/precision-core.html


■秋田エプソン新棟の概要
所在地    秋田県湯沢市岩崎字壇ノ上1番地
事業内容    インクジェットプリンター用ヘッドの製造および組立
(大容量インクタンク搭載プリンターおよびビジネスインクジェットプリンター用)
建築面積    3,668.80㎡
延床面積    10,683.77㎡
従業員数    新規採用を若干名予定
 

■秋田エプソン 会社概要(2022年4月1日時点)
会社名    秋田エプソン株式会社
所在地    秋田県湯沢市岩崎字壇ノ上1番地
代表取締役社長    遠藤 正敏
設立    1986年6月20日
資本金    8千万円 (セイコーエプソン株式会社100%出資)
事業内容    ・プリンターヘッド部品の製造
・ウエアラブル機器の加工および組立
・超精密部品・金型具冶工具の製造加工
敷地面積    87,620 ㎡
従業員数    987名
 

新聞購読申し込み