文具・文房具・事務用品・事務機器の総合サイト オフマガNEXT

お問い合わせ

オフィスマガジンonline

ホーム > 新製品情報・特集 > ゼブラ、手書きの文字で気持ちがやさしく伝わる、心の距離が縮まる『サラサクリップ・そえぶみ箋』数量限定発売

ゼブラ、手書きの文字で気持ちがやさしく伝わる、心の距離が縮まる『サラサクリップ・そえぶみ箋』数量限定発売
2017年02月27日

ゼブラは、人気のジェルインクボールペン『サラサクリップ』と天保6年創業の老舗、古川紙工の『そえぶみ箋』とのコラボレーション『サラサクリップ×そえぶみ箋』を3月3日から数量限定で発売。

近年デジタルツールが発達する一方で、一筆箋がコミュニケーションツールとして女性を中心に注目されています。特に『そえぶみ箋』はそのブームの火付け役として年間35万個を売り上げている一筆箋です。

『サラサクリップ×そえぶみ箋』は、オリジナルデザインの『そえぶみ箋』にさらさらした書き味と鮮やかな発色が特長の『サラサクリップ』のセット。サラサクリップとそえぶみ箋でメッセージを添えることで気持ちがやさしく伝わります。

オリジナルの「そえぶみ箋」は、タイトルが書けるふきだしは折り曲げると本文を隠すことができ便利です。

また、罫線はサラサクリップ0.5の線幅に合わせ、通常のものより2行多い9行で、より多くのメッセージを書きたいという要望に応えています。

それぞれの「そえぶみ箋」のデザインに合わせて、46色のカラーバリエーションをもつ『サラサクリップ』から3色をチョイス。上司や友だちへのメッセージなど、さまざまなシーンに使えるサラサクリップ3色を選びぬいています。

「そえぶみ箋」を送ることで、いつもより丁寧に言葉を選ぶなど、周囲の人とのコミュニケーションが円滑になるメリットもあります。