文具・文房具・事務用品・事務機器の総合サイト オフマガNEXT

お問い合わせ

オフィスマガジンonline

ホーム > オフマガ ニュース一覧 > コクヨ、ファニチャー事業のアジアでの持続的成長を目的にインドネシアに現地法人を設立

コクヨ、ファニチャー事業のアジアでの持続的成長を目的にインドネシアに現地法人を設立
2019年04月22日

コクヨ㈱は、ファニチャー事業のアジアでの持続的成長を目的に、インドネシアに現地法人を設立し2019年4月から営業を開始。

同社は2012年よりインドネシアにおける代理店を通した間接販売を行ってきましたが、昨今の現地企業の購買力の向上とオフィスへの投資意欲の高まりを受けて、現地法人による販売体制へと変更を行うことで、収益基盤となっている日系顧客に加え、成長する現地企業の需要獲得を狙い、アジアでの持続的成長を実現する。

■現地法人の概要
(1)商号:
PT. KOKUYO FURNITURE INDONESIA
PTコクヨファニチャーインドネシア(日本語表記)
(2)設立日:2019年3月19日(火)
(3)所在地:
The Plaza Office Tower, 28th floor, J1.M.H, Thamrin Kav, 28-30,Jakarta, 10350. Indonesia
(4)資本金:100億ルピア(約8千万円)
(5)出資比率:
コクヨ株式会社 67%(※1)
Wadah Atelier社 33%
(6)事業内容:インドネシア国内での家具販売事業

※1. インドネシアでの販売会社設立には外資の出資比率が最大67%までと制限があります。