文具・文房具・事務用品・事務機器の総合サイト オフマガNEXT

お問い合わせ

オフィスマガジンonline

ホーム > オフマガ ニュース一覧 > 三菱鉛筆、世界初「セルロースナノファイバー」を実用化したボールペン『ユニボール シグノ 307』2016年日経優秀製品・サービス賞最優秀賞 日経MJ賞 受賞!

三菱鉛筆、世界初「セルロースナノファイバー」を実用化したボールペン『ユニボール シグノ 307』2016年日経優秀製品・サービス賞最優秀賞 日経MJ賞 受賞!
2017年01月12日

三菱鉛筆が2015年3月から北米で先行発売し、2016年5月から日本国内で販売を開始したゲルインクボールペン『ユニボール シグノ 307』は、この度『2016年日経優秀製品・サービス賞 最優秀賞 日経MJ賞』を受賞した。

『ユニボール シグノ 307』は近年、世界的な注目を集める“日本発の新素材”「セルロースナノファイバー(CNF)」をゲルインクの粘度調整剤として配合し、世界で初めて実用化に成功したゲルインクボールペン。

2015年3月から北米で先行発売し、2016年5月から日本国内で販売を開始している。CNFをゲルインクの粘度調整剤として配合することで、インクの粘度が適切に変化するため、インク溜りができずしっかりときれいな描線を書くことができるようになった。また、速乾性にも優れているため、かすれにくくなめらかな書き味が楽しめる。

2016年5月に三重県で開催された『伊勢志摩サミット』では、『ユニボール シグノ 307』の提供を通してG7首脳・代表団をはじめとした世界各国のサミット来訪者へ、日本の高い技術力をアピールした。

 「日経優秀製品・サービス賞」は、日本経済新聞社が毎年1回、特に優れた新製品・新サービスを表彰するもの。受賞製品・サービスは、2016年に日本経済新聞、日経産業新聞、日経MJ、日経ヴェリタス、日経電子版、Nikkei Asian Reviewに掲載された約2万点の新製品・新サービスの中から選定される。審査基準は、①技術開発性、②価格対効果性、③業績寄与度、④成長性、⑤独自性、⑥産業・社会へのインパクトの6項目で、今回は41の新製品・新サービスが受賞した。

 

プラチナ萬年筆プレジール

新聞購読申し込み