文具・文房具・事務用品・事務機器の総合サイト オフマガNEXT

お問い合わせ

オフィスマガジンonline

ホーム > オフマガ ニュース一覧 > かつて伊東屋が開発したビーバー計算機も紹介。最後のイベント「この街で109年 〜銀座と伊東屋〜」を伊東屋・銀座店で開催中

かつて伊東屋が開発したビーバー計算機も紹介。最後のイベント「この街で109年 〜銀座と伊東屋〜」を伊東屋・銀座店で開催中
2013年01月24日

  伊東屋は1月7日〜31日まで、「この街で109年 〜銀座と伊東屋〜」を本館グランドイベントホールで開催中。

    同店は1904年(明治37年)、現在の銀座3丁目に創業した1号店から、大正・昭和・平成と109年間にわたり銀座と共に時代を重ねてきた。現在の建物である通称“ステンレスビル”は1965年(昭和40年)に登場してから約半世紀が経ち、この度2015年夏に向けての建て替えと仮店舗への移転に伴い、本館最後のグランドイベントを開催している。

イベントにあわせて製作された、109年間にわたる店舗の変遷をデザインしたフローティングペン、ロメオサイドノートなど約20種類の新オリジナル商品を展開する。また、長く愛されている伊東屋オリジナルの商品も展開、あわせて銀座や文房具の歴史を紹介している。


 

銀座と伊東屋に対する一人ひとりの思い出やエピソード
銀座と伊東屋に対する一人ひとりの思い出やエピソード
1904年創業当時から現在までの建物をモチーフにデザインにしたステイショナリーボックス
1904年創業当時から現在までの建物をモチーフにデザインにしたステイショナリーボックス
伊東屋オリジナルボールペン
伊東屋オリジナルボールペン
表紙は手触りにこだわり、輸入紙を使用。中紙はブルーグレーの紙に白い方眼。Romeoサイドノート
表紙は手触りにこだわり、輸入紙を使用。中紙はブルーグレーの紙に白い方眼。Romeoサイドノート
伊東屋本店のステンレスビルをモチーフにした「カンペンケース」、オリジナルロゴ入り「2mm芯木軸シャーペン」
伊東屋本店のステンレスビルをモチーフにした「カンペンケース」、オリジナルロゴ入り「2mm芯木軸シャーペン」
なんと1963年に伊東屋が開発した加減専用「ビーバー計算機」。
なんと1963年に伊東屋が開発した加減専用「ビーバー計算機」。
1969年に製図が手書きだった頃に作った「楕円コンパス」
1969年に製図が手書きだった頃に作った「楕円コンパス」

プラチナ萬年筆プレジール

新聞購読申し込み